膨大な知識とノウハウが救ってくれる

交通事故に強い弁護士に頼るメリットは

交通事故に遭った時に、弁護士に依頼をするメリットは、妥当な賠償金を受け取れる可能性が高くなることです。事故に遭っても、過失がない状態であれば、しっかりとした賠償金を受け取れると考える人は少なくありません。ただ、法的な知識がない人の場合、保険会社が提示する過失割合や賠償金を見ても、その割合や金額が妥当なものかを判断することすらできません。交通事故に強い弁護士に相談をすれば、過失割合や賠償金に問題がある場合、妥当な割合や金額になるように交渉を行うことができます。

怪我の度合いによっては、そこまで賠償金にこだわらなくても良いのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、交通事故というのは後から後遺障害などが出てくることも多いものです。そのため、症状がそれほど重くないからと、保険会社に言われるままの少ない金額で示談を成立させると、その先の治療費などで悩まされる可能性が出てきます。それだけに、提示された賠償金が少ないと感じた時や、過失割合に疑問を感じた場合は交通事故に強い弁護士に相談をしておくことがおすすめです。費用面などに不安がある場合は、弁護士事務所が行っている無料相談を利用するところから始めてみると良いでしょう。

交通事故の過失割合は誰が決めるのか

交通事故の賠償金を大きく左右するのが、過失割合です。過失割合は、警察が決めるものというイメージを持つ人もいますが、賠償金を決定するための割合を決めるのは加害者が加入している保険会社です。警察の実況見分や供述調書作成は、あくまで刑事罰を決めるために行うものです。賠償金に関しては、民事となるため警察は不介入となります。そのため、賠償金を決めるための過失割合の決定は、保険会社が行います。

保険会社が優先するのは、交通事故の状況よりも、賠償金を少しでも減らすことです。そのため、加害者が一方的に悪くても、被害者の過失を指摘し少ない賠償金で示談に持ち込もうとしていきます。そんな保険会社の交渉に対抗することができる存在が、交通事故に強い弁護士です。交通事故に関する問題を専門的に扱う弁護士であれば、保険会社の提示した過失割合などに問題点があれば、適正な割合にするように交渉をしていくことができます。実際に、交通事故に強い弁護士に依頼をしたことで、賠償金が2倍以上になったという実例は多くあります。そのため、交通事故に遭ってしまった場合は、正しい過失割合を主張できるように、弁護士に相談をしておくことがおすすめです。

UPDATE LIST

2018年07月26日
いつのタイミングで弁護士依頼?を更新。
2018年07月26日
専門知識が必要な対応は弁護士におまかせを更新。
2018年07月26日
膨大な知識とノウハウが救ってくれるを更新。
2018年07月26日
弁護士はよき相談相手にもなってくれるを更新。
ページトップへ